調理の基本

酢の物・三杯酢(三杯酢)

三杯酢

さんばい酢とは三倍の酢で???ではありません(笑)



酢と醤油とみりんを1対1対1(盃(さかずき))で一杯ずつの同量を合わせてつくることから三杯酢と言われるようになりました。
好みによってその比率を変えると良いと思います。
最近一番多いのは酢(す)3対 醤油(しょうゆ)1対 砂糖(さとう)2、この砂糖の代わりにカロリー0の糖類を使う人も増えています。

酢醤油(すじょうゆ)は酢2 対 醤油1で作ります。いわゆる二杯酢(にはいず)
いわゆる三杯酢が苦手という方は、酢(大さじ2杯・約30cc)と醤油(大さじ1杯・約15cc)と砂糖(大さじ1杯)を混ぜてから電子レンジで30秒から1分くらい温めるか、小鍋で温めて酢のツンとした感じを飛ばすと良いです。
甘いのが苦手な人は砂糖を入れないでね。
旨味がもっと欲しいという人は味の素を小さじ2分の1杯入れてね。
味の素がいやだという人は昆布茶を小さじ4分の1杯入れてね。
本格的な味が良いという人は出汁を少し入れてね。

一番簡単に作れる三杯酢は、市販のつゆ(こんぶつゆ かつおつゆ等)と酢を1対1で合わせるという方法です。
簡単、あっという間に三杯酢のできあがり。


暑い夏にはアミノ酸が豊富な酢の物は体の疲労をとってくれます。
食欲が無い時にも有効です。

梅干しの果肉と少量の酢と砂糖でつくる酢の物も美味しいですよ。
残り物のから揚げを刻んだものと、キャベツを適当に刻んで、梅干し酢とマヨネーズを少量入れてかき混ぜると、お昼ご飯のおかずになります。お弁当にも入れられます。

もっと簡単に暑い夏にさっと食べられるものは無いのか??
あります。

キャベツの葉っぱを一玉の6分の1くらい(それくらいは食べられる)洗って手でちぎって皿に入れてそのうえからザーッと三杯酢をかけていただきます。
簡単でしょう?
九州の焼き鳥屋さんではこの酢醤油かけキャベツが無料で出てきます。

夏はキャベツも安く手に入るしね。お得でヘルシーなのだ。




美味しい酢は、ほんとに旨味たっぷりなのですよ。

失敗したら?
酢と醤油の量を適当に調整すれば良いだけなので失敗しようがないのである。

ちょっと刺激が欲しい人はラー油とか唐辛子入りラー油を3滴くらい入れるとよいです。

今夜何食べようかな?って時には一品はこれで決まりだね('◇')ゞ

【何食べる?今日のごはんのトップに戻る】

おでん食べたい。

煮物 おでんも煮物だ

煮物
鍋で煮れば、全て煮物です。
魚の煮もの。野菜の煮物。お肉の煮もの。

って事で、今回はおでん。 煮物だよ。
おでんでん.jpg

おでんはしょうゆ味、味噌味、塩味、お好きな味付けでいただきましょう。
全て薄味にしあげて、からしを付けていただくのがおすすめです。

食べたい野菜を好きな大きさに切ります。

こんにゃくはでかいまま茹でてから切ると、つるんっ!ってしないので、そのまま茹でると良いですよー。

煮崩れするほど煮ないしぃって人も多いよね。
人参とか大根の面取りはしなくても大丈夫よ。

野菜は生でも食べられるものなので、半煮えだぁとか泣き言は言わない。
良く噛んで食べれば美味しいのだ。

全ての野菜は下茹で(茹でこぼし)をします。
ゆでこぼしって何だよってか?
たっぷりの水を入れた鍋に切った野菜を放り込んで強火で火をかけて沸騰したら5分くらい弱火で煮るんだよ。

ふたはしてもしなくてもいいけれど、焦がさないようにね。
もう一度いうぞ
☆鍋に水を入れて切った野菜を入れて沸騰したら弱火で5分くらい煮るだけです。

茹で溢しの際に竹串を入れてスーッととおってくれれば中まで煮えている証拠ですからね。

神経質な人は野菜の種類ごとに茹でてください。
私は一度にぜーんぶ茹で溢ししますw
卵は茹で卵として別に茹でてね。(笑)(食べたい人はね)

茹でたらザルにとりあげておきましょう。

茹でるとか面倒くさいわ!!という人は生のまま保存用袋に入れて冷凍しましょう。一日冷凍したものを冷凍室から取り出すと、冷凍焼けして野菜がぐったりと軟らかくなっているかもよ〜。
葉っぱのお野菜はもっと短時間でぐったり野菜になってくれます。お試しあれ。

ちなみに味付けをした後の大根やニンジン、椎茸などで食べきれない時には冷凍をおすすめします。
解凍して温めるだけであら〜びっくりもうできあがりです。
いつでも食べられます。


餅巾着は、5枚入りとかで販売されている薄揚げに沸騰したお湯をかけて油抜きしましょう。
まな板の上に広げておいてヤカンでお湯をかけても良いのですよ。
熱いのですぐに絞らずに、油揚げさんが冷めたかな?って頃にお湯を切る為に軽く絞ってね。
そしたらお揚げの中に一口大の餅をいれて爪楊枝か、水でもどした昆布があれば昆布で、または干瓢(かんぴょう)でも良いですので袋状にして上をとめておきしょう。
めんどい人は、餅巾着を買ってくれ。

これ(茹で溢し)やっとくと、スープが具材に染み込みやすくなるのです。

土鍋、または鍋に水を入れて具材を入れ、好きな調味料を入れます。
醤油、または味噌、または塩ね。
二人分くらいの土鍋の大きさだと、調味料はお玉に三分の一くらいでok
(味噌味の時には、できれば火を止めてから入れてね。味噌が煮えすぎると不味くなります。みそ味おでんはしっかり下茹でした具材でつくりましょう。)
・下茹で野菜を新たに水と出汁を入れた鍋に入れて、よーく煮ます。しっかり煮えたら火を止めて味噌を入れて蓋をして放置します。1時間もすると味はしみ込みます。
食べる前に弱火で温めてね。


出汁の素とか、味の素を入れる人は、しょうゆなどの調味料を入れる前に入れてね。
出汁の素って結構味が濃いので、調味料の後に入れると味が濃くなりすぎます。
ま、その時にはお湯で薄めるだけなんですが(笑)

鍋の中の煮ものがぐつぐつと音を立ててきたら弱火にして蓋をして10分くらい煮ます。
はい、そのまま放置30分。
みりんをお玉で三分の一くらい入れて、もう一度煮たらできあがり。

おつゆに卵などが浸かりきっていない時には卵をひっくり返したりして汁につけてくださいませ。

昆布で出汁をとりたい人は最初で入れて取り出すというのが一般的ですが、私ゃ入れっぱなしです。
美味しくいただけます。
結び昆布にして入れておけば良くってよ^^

おでんだす.jpg
醤油無い・・って人は、冷蔵庫の中に残っているであろう「めんつゆ」や、納豆についてきていたけれど使わずに残っている味醤油みたいなアレを使うと良いですよ。量が足りないと思う時には塩を入れるべし。

ある物で何とかカタチにはなるし、そこそこ美味しい煮物に仕上がります。
町内会おでん01.JPG

昔ながらの作り方としては3日かけてゆっくりと味をお野菜やこんにゃくなどに味をしみこませます。
とはいっても一日目に下茹でして、その日のうちに薄味のだし汁につけて火を入れます。
煮立ったら火を止めて。一晩おきます。
二日目は一日に三回ほど約10分程度火を入れてあげます。ぐつぐつとするくらい。
三日目に、はんぺんなど、崩れやすい具を入れて火を入れてできあがり。といったところ。

はんぺんの分離ぐちゃぐちゃを避けたい人は、おでんスープを温めたものをどんぶりかバットに入れて、その中に適当に切ったはんぺんを浸しておきます。
食べる前の温め時にはんぺんをおでん鍋に投入します。(以上!)


関東では「ちくわぶ」を入れる家庭が多いですね。小麦粉で作ったちくわのような形のもの。
九州では牛筋をトロトロになるくらいまで煮込んだものをおでんに加えます。
牛筋は関東ではなかなか手に入りません。見かけたとしても九州で販売されているような筋ではないし、しかもお値段がびっくりするくらい高いです。ざんねぇんです。


【失敗したら?】
焦がさない限り失敗は無いと思います。
焦げなかったけれどドロドロに煮えすぎた時には、全ての具材をつぶして茹でたささみを入れ、スープを増やして溶き卵をさっと入れて親子丼風にしちゃいましょう。
スープ=めんどうだという人は市販の白醤油やだし醤油を少し入れるだけです。
超簡単!みつばをトッピングしたら、それはそれはみごとな丼飯の完成です♡

すっごいおおざっぱに書いてしもうたので、そのうちに細かくもっとわかりやすく書きますので(笑)
許してね〜(*^_^*)いつか書き直すわ。いつか、そのうちね(笑)

【何食べる?今日のごはんのトップに戻る】

低カロリーのお菓子食べたい。

ちょー簡単 夜のおつまみ ひとくちピザ 美味しいオリーブもあったらおされ〜♪


餃子の皮を使って簡単一口ピザを作ってみよう。

1.餃子の皮にマヨネーズを薄く塗る
2.冷蔵庫に残っているかもしれないベーコンかウインナー(魚肉ソーセージでも良いし)を薄く切って適当に乗せる
3.ピーマンの千切りと玉ねぎの薄切りをちょこっと乗せたらケチャップをちょいとかける
4.上からとろけるチーズを乗っけたらトースターで2分焼くだけ!
(焼きが足りないなぁって思ったらもうちょっと長く焼いてねぇ)
(☆とろけるチーズが無い時には普通のチーズを薄く切って乗せると良いですよ)
餃子皮ひとくちピザ
一口ピザの完成!!
乾燥パセリをパラパラッてしたらお洒落よねぇ・・。うん。
ピーマンが無かったので、冷蔵庫にあった茄子を薄切りにして乗せましたの^^
オリーブ乗せたかったけど面倒だった^^;


オリーブを乗せたらすごいお洒落よ。豪華よ。
お友達とちょっとビールとか飲む時のおつまみにも良いのよ〜。



ちなみにこのオリーブはほんっとに美味しいのです。私のお気に入りです。(オリーヴ ドゥリュック)
おいらは自家製オリーブの塩漬けを作っておりますが、市販品ではこのメーカー(東京都調布市小島町)が作っているオリーブが最も我が家のオリーブの味に近いのですよ。海外のオリーブメーカーの物も食べましたが、ここのが一番美味しいと思います。しかし、なかなか塩漬けが販売されていないのが事実です。オイル漬けか種なしオリーブはネット販売されています。
日本国産の食べ易いオリーブなら小豆島産のオリーブですね^^
私は硬めの実を塩漬けしたものが好きなのです。それぞれ好みってのがありますからお好きなオリーブを購入してくださいね。

(追記)
みつけたよー^^これこれこれですっ!!!

オリーブ通な方、一度はお試しあれ。
ほんっとに美味しいですから。
アールノー グリーンオリーブ ピコリーヌですですっ!!これー!!

楽天市場でもめっけました。
時期ものなのかな?



お菓子の材料調達はこちらで⇓(ご紹介しておきます)
ママパン(菓子作り材料・バターもあるある)
菓子作りの材料が安価に充実しているネットショップです。

一口ピザと言いながらもふたくちで食べました。(=^・^=)/

【何食べる?今日のごはんのトップに戻る】

  1 2 3 4 5..  次の3件>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。